« 美しいものの観想が心に生み出す満足感 | トップページ | 頭と手を使える仕事を »

2010年4月15日 (木)

「人の説で知ったり、人の説で考えたりするために・・・」

「…きみはほんとにきみのその目その耳を、
きみの周囲の日常生活に対してしっかり開いておらんぞ。

世の中には、きみの知らんことが山ほどあるということ、
自分の見ないようなことを見ている人があるということを、
きみは考えておるか?

人の説で知ったり、人の説で考えたりするために、
肝心のその人間の目で見ないでいることが、
世の中にはたくさんあるのだぜ」


(ヴァン・ヘルシング教授の台詞より)
ブラム・ストーカー『吸血鬼ドラキュラ』(平井呈一訳・創元推理文庫 p.287 )

|

« 美しいものの観想が心に生み出す満足感 | トップページ | 頭と手を使える仕事を »

文学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 美しいものの観想が心に生み出す満足感 | トップページ | 頭と手を使える仕事を »