« 自分がもっとも自分となるような | トップページ | 優雅な散文とは »

2011年12月23日 (金)

「愛され賛美されたいと思うのは」

「人を愛し賛美するのは弱さじゃないわよ!」
「だけど愛され賛美されたいと思うのは弱さよ、ネル――私みたいな芸術家肌の人間が毒されやすい感情よ。(……)」

(アイリーン・アドラーの台詞より)
キャロル・ネルソン・ダグラス『おやすみなさい、ホームズさん(下)』(日暮雅通訳・創元推理文庫)p.221

|

« 自分がもっとも自分となるような | トップページ | 優雅な散文とは »

文学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 自分がもっとも自分となるような | トップページ | 優雅な散文とは »