« 「愛され賛美されたいと思うのは」 | トップページ | 「ぼくとぼくの生きかたは…」 »

2012年1月24日 (火)

優雅な散文とは

散文は舞踊ではない。
散文は歩む。

そしてその歩み、あるいは歩み方によって、
その所属する種族が判明する。
頭に荷物をのせて運ぶあの住民に
ふさわしい均衡のように。

ここから次のようなことをぼくは考える。

つまり優雅な散文とは、
作家が頭の中で運んでいる
荷物の重みと相関するものであり、
これ以外の優雅さは
単に振付けの結果によるものに
過ぎないということだ。


ジャン・コクトー『言葉について』(秋山和夫訳:『ぼく自身あるいは困難な存在』所収・ちくま学芸文庫)pp.187-188

|

« 「愛され賛美されたいと思うのは」 | トップページ | 「ぼくとぼくの生きかたは…」 »

文学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「愛され賛美されたいと思うのは」 | トップページ | 「ぼくとぼくの生きかたは…」 »