« 優雅な散文とは | トップページ | 小説は、まさに、統御された阿片の旅である。 »

2012年3月17日 (土)

「ぼくとぼくの生きかたは…」

「ぼくとぼくの生きかたは
ぜんぜん反りが合ってないような気がする」

彼はつぶやいた。

「なにか言ったかね?」
老人が穏やかに尋ねた。

「ああ、いえ」とアーサー。
「ただの冗談です」

ダグラス・アダムス『銀河ヒッチハイク・ガイド』(安原和見訳・河出文庫)p.259)

|

« 優雅な散文とは | トップページ | 小説は、まさに、統御された阿片の旅である。 »

文学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 優雅な散文とは | トップページ | 小説は、まさに、統御された阿片の旅である。 »