2009年2月23日 (月)

「〈知ること〉は…」

〈知ること〉[認識]はすべて
〈知る人〉[認識者]によるアクションなのだ、

ということに気づく。
それが、われわれの出発点だった。

つまり、いいかえれば、
〈知ること〉はすべて、
〈知る人〉の構造にかかっているのだということに。

ウンベルト・マトゥラーナ/フランシスコ・バレーラ『知恵の樹』(管啓次郎訳・ちくま学芸文庫)p.39

| | コメント (0)

2007年11月20日 (火)

「電子は電荷を帯びた最も軽い粒子である」

電子は電荷を帯びた最も軽い粒子である。

私たちの手足、体の特徴、あらゆる固体の形は

原子の周辺部を回転する電子で決まっている。

フランク・クロース『自然界の非対称性』(はやしまさる訳・紀伊国屋書店)p.118

|